ここから本文です

阪神、OP戦6戦未勝利…九回に藤川で追いつかれ、初勝利スルリ

3/9(土) 15:46配信

デイリースポーツ

 「オープン戦、阪神3-3日本ハム」(9日、甲子園球場)

 阪神が日本ハムに引き分けた。1点リードの九回、藤川が谷内に同点打を浴びた。これでオープン戦開幕から6試合、白星なし。ただ、開幕二塁を狙う上本が2打点、同じく遊撃を狙う鳥谷が中前適時打を放った。

【写真】マルテ、8打席目で待望のOP戦初安打 攻守に存在感

 試合は先発の岩貞がきっちりと試合を作り、4回2安打無失点と好投。シーズンは開幕2戦目の登板が予想され、順調な調整が続いている。2番手の浜地は大田、中田に本塁打を浴びるなど、3回4安打2失点。4三振を奪うなど随所に光る部分もあったが、悔いの残る形となった。

 攻撃では三回、ドラフト3位の木浪(ホンダ)が一塁線を破る二塁打でチャンスメークすると、1死二、三塁から上本が左翼線を破る適時二塁打。2点を先制した。さらに同点に追い付かれた後、七回だ。マルテがオープン戦初安打となる左翼線二塁打で出塁。1死を挟んで、鳥谷が中前適時打を放った。

 マルテが三塁コーチの制止を振り切るアグレッシブな走塁で、一時勝ち越しとなるホームを踏んだ。

 だが、1点リードの九回に登板した藤川が、1死三塁から谷内に右前適時打を浴びた。阪神はこれでオープン戦開幕から6戦5敗1分け。12球団で唯一、白星がなく、本拠地初開催となった一戦で初勝利を狙ったが、目前で逃げ切りに失敗した。

最終更新:3/9(土) 15:51
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/20(月) 2:25

あなたにおすすめの記事