ここから本文です

DMV車両を公開、阿佐海岸鉄道 2020年運行目指す

3/9(土) 16:44配信

共同通信

 徳島県と高知県を結ぶ阿佐東線を運営する阿佐海岸鉄道(徳島県海陽町)と徳島県は9日、線路と道路を両方走れるデュアル・モード・ビークル(DMV)の車両を海陽町の宍喰駅で公開した。2020年にJR四国牟岐線阿波海南駅(海陽町)と阿佐東線甲浦駅(高知県東洋町)の間で世界初の本格営業を目指している。

 DMVはマイクロバスを改造し、線路用の車輪と道路用のゴムタイヤが装備された車両。15秒ほどで車輪とゴムタイヤの切り替えが可能。南海トラフ巨大地震などの大規模災害時に線路と道路をつなぐことで迅速な支援への活用が期待される。

最終更新:3/9(土) 16:50
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事