ここから本文です

米フロリダ大のサニブラウンが室内60メートル日本記録タイの6秒54 ロンドン世陸ファイナリストが屋外シーズンへ弾み

3/9(土) 15:03配信

スポーツ報知

 2017年ロンドン世界陸上男子200メートル7位のサニブラウン・ハキーム(20)=米フロリダ大=が8日、米アラバマ州バーミングハムで行われた全米大学室内選手権60メートル予選で室内日本記録に並ぶ6秒54をマークした。

 サニブラウンは力強いストライドで中盤から伸び、川上拓也(大阪ガス)が今年2月にマークした室内日本記録に並ぶ好タイムをマーク。同じフロリダ大に所属するG・ホロウェイに次ぐ2組2着で予選を突破し、ゴール後には2人で笑顔を浮かべながら健闘をたたえ合った。今年はドーハ世界陸上で2大会連続のファイナリスト入りを目指すシーズン。20年東京五輪のエース候補が、屋外シーズンへの期待を膨らませる力走を披露した。

 サニブラウンは昨年5月、200メートルのレース中に右脚付け根を痛めてシーズンを終え、回復に専念。冬季は、スタート面などを中心に走りをパワーアップし、今年1月に8か月ぶりに実戦復帰。室内60メートルで自己ベストの6秒62をマークし、先月23日には自己記録を6秒60に更新していた。

 予選上位8人による全米大学室内選手権の決勝は、日本時間10日午前にスタート予定。サニブラウンの6秒54は予選全体でも2位のタイムで、決勝でも好走が期待される。

最終更新:3/10(日) 16:42
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事