ここから本文です

普通のお金と仮想通貨、果たしてどちらが信用できる?

3/9(土) 21:15配信

LIMO

昨年1月にコインチェック社の仮想通貨580億円流出事件が発覚して以来、仮想通貨は技術的に何か欠陥があるのではという漠然とした不安が強まっているように感じますが、そんな状況でも、仮想通貨によるICO(Initial Coin Offering)プロジェクトは目白押しです。

ただ、そもそも基盤となるブロックチェーン技術やICOの仕組みがわかりにくいので、そういうことには拒絶反応が出てしまうのも人情です。

今回は、普通のお金、仮想通貨、ICOトークン、それらの信用の拠り所とリスクについて根源的な部分から考え直してみたいと思います。

仮想通貨によるICOと昨年来の注意喚起

ICOは、クラウドセール、プレセール、トークンオークションなどとも言われたりしますが、株式投資におけるIPO(Initial Public Offering、新規上場)に類似した資金調達の新しい形態です。

トークンは、新規のブロックチェーンで発行される仮想通貨とは異なり、既存のブロックチェーンを利用して発行されるものです。発行元が倒産すれば、当然、トークンは紙くず同然になります。一般にトークンの価値は変動が激しいので、かなり高いパフォーマンスが期待できるとも言われますが、それ以上に高いリスクを伴います。

そのICOですが、昨年来、国内外で仮想通貨によるICOプロジェクトが目白押しです。たとえば、日本のCOINJINJAというサイトで検索すると2,500件以上もヒットします。

他方、詐欺事例も多発しているようで、昨年6月、一般社団法人仮想通貨サポートセンターのホームページでは、「仮想通貨ICOプレセール情報と注意点」が発表されました。

また、金融庁からも「ICOについて」という注意喚起が出ました(2018年10月)。ICOで発行されるトークン(証票)には、(1)価格下落の可能性、(2)詐欺の可能性があるので、自己責任で取引してくださいとのことです。

しかし、皆さんご存じのビットコインのように「上場通貨リスト」にある仮想通貨はともかくとしても、上場していないICOトークンは本当に理解できていないと判断が難しいでしょう。

1/3ページ

最終更新:3/9(土) 21:40
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事