ここから本文です

JFE倉敷でガス漏れか、1人死亡 1人重傷もよう、屋外で点検中

3/9(土) 22:19配信

山陽新聞デジタル

 9日午前11時25分ごろ、岡山県倉敷市水島川崎通のJFEスチール西日本製鉄所倉敷地区で、屋外のガス管を点検していた男性社員2人が体調不良を訴えて倒れた。市内の病院へ搬送されたが、同市の森孝光さん(47)が死亡、同市の男性(27)が重傷のもよう。水島署は管から漏れ出た一酸化炭素を吸った可能性もあるとみて原因を調べている。

 同署などによると、ガス管は直径約3メートル。鉄鉱石を溶かす過程で生じる一酸化炭素が主成分の混合ガスを燃料として再利用するため、高炉から送り出していた。2人は朝から修繕を終えたばかりのガス管を点検。森さんの異変に気付いた男性から連絡を受け、同僚が119番した。同僚が駆け付けた際、2人とも倒れており、装着していたガスセンサーの警告音が鳴っていた。

 現場は水島コンビナートの一角。事故を受け、同社は「遺族をはじめ、皆さまに多大なご迷惑を掛け申し訳ない。原因究明に努める」としている。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ