ここから本文です

大阪・松井知事と吉村市長が会見 「クロス選」出馬(全文2)府民・市民を裏切れない

3/9(土) 12:21配信

THE PAGE

 大阪府の松井一郎知事(大阪維新の会代表)と大阪市の吉村洋文市長(同政調会長)は8日午後、大阪維新の会の全体会議終了後に記者会見を行った。

【動画】松井知事と吉村市長が会見 大阪都構想で決裂「クロス選」出馬表明(2019年3月8日)

※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「松井知事と吉村市長が会見 大阪都構想で決裂「クロス選」出馬表明(2019年3月8日)」に対応しております。

     ◇     ◇

公明党と合意していたがだまされた、とは?

産経新聞:産経新聞の【アリカワ 00:24:37】です。よろしくお願いします。知事、市長、どちらにもお伺いしたいんですが、公明党合意したけれどもだまされたというのは、行程表の中身を含めて合意していたということなんでしょうか。それは具体的にどういったやりとり、状況だったのでしょうか。

松井:公明党さんとは2015年の選挙後から、この大阪府政・市政を前に進めるために、さまざまな協議をしてきました。これはもう自民党、共産党は無理ですからね。彼らはもうそもそも大阪府市の二重行政なんてもう昔からなかったんだという立ち位置にいるから。府市それぞればらばらでいいんだという立ち位置にいるから。

 だから大阪会議というものが前回の2015年の住民投票後に、これはもう対案じゃなくなったということで、あのおんぼろ会議がもう、会議はできたけど何も議論できないという状況になりましたから。だから自民党、共産党とは、これもう、そもそも立ち位置が違うわけで相談できない、話し合いできない。

 公明党さんは2015年の11月のダブル選挙後、やっぱり大阪府市一体で成長させることについては賛成だよという、そういうお話をいただいたので。だからその2015年の選挙後、これはずっと定期的にもお会いしてきたし、政党同士も協議はしてきました。もう政党同士の協議になると、公明党さん側はまず大阪出身の北側副代表。佐藤代表、国会議員のね。それから府議会では林幹事長。府議団幹事長、八重樫さん。市議会は土岐さん。それから小笹団長です。そしてこちらのメンバーは僕、吉村政調会長、今井幹事長と。こういう枠組みで何度も話し合いはしてまいりました。

 で、17年の4月に任期内で住民投票をするという協議が取りまとまったわけです。これも2015年以降の話し合いの中で、2017年2月議会で本来は法定協議会を立ち上げていただくという、そういうのがまとまっていたんですが、2017年2月議会直前になってもう少し時間くれと、待ってくれという、そういう提案を公明党さん側から投げ掛けられ、いやもう、われわれとすればこれは決まったことじゃないですかと言っていたんだけど、いやちょっと待ってほしいということだったんで、これまたずるずる時間引き延ばされるのは、これはもうこちらとしてはやっぱり任期の中でどんどん不安になるわけですから。

 だから林さんと協議をする中で、これは幹事長としての林さんです、公明党の。5月議会には間違いなく法定協を立ち上げるので、じゃあそれは任期内に住民投票できることは約束してくれるんですねということで、じゃあ林さんと今井さんとで合意文書を作りましょうということでああいう文書が出来上がったと、こういうことです。

司会:よろしいでしょうか。続きまして。

1/5ページ

最終更新:3/9(土) 12:22
THE PAGE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事