ここから本文です

日本ハム・大田が止まらない 3戦連発、2打席連発でオープン戦4号 打率・556

3/10(日) 13:51配信

デイリースポーツ

 「オープン戦、オリックス-日本ハム」(10日、京セラドーム)

 日本ハム・大田が3戦連続となる本塁打を、2打席連続で放った。

【写真】日本ハムに内紛?中田翔に腕をつかまれ人気者の後輩が直立不動に…

 まずは2-2で迎えた三回。先頭で迎えた第2打席で、オリックスの先発・榊原の高め144キロ直球をフルスイングで捉え、右中間席へ運んだ。駆け足でダイヤモンドを1周し、仲間が待つ三塁側のベンチへ。試合に勝ち越すオープン戦3号で、笑顔でハイタッチを繰り返した。「甘い球を逃さずに一発で仕留められて良かったです」と手応えを感じさせるコメントをした。

 さらに、2点リードの五回1死の場面。2番手・荒西の変化球をバットの芯に乗せ、左中間席まで運び、オープン戦4号とした。

 前日の阪神戦では、左翼席へ特大の一発。この日の3打席目終了時点で、オープン戦打率・556と圧倒的な数字を残している。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事