ここから本文です

東大で合格発表 女子比率下がり16.9% 大学側「男女に能力差はない」

3/10(日) 18:01配信

高校生新聞オンライン

東京大学は3月10日、2019年度学部一般入試の合格者を発表した。6科類合わせて9483人が志願し、3018人が合格した。東大は女子学生の割合を増やしたい考えだが、19年度入試では前年に続き、合格者に占める女子の割合が低下した。

一般入試合格者のうち女子は510人で、合格者に占める割合は16.9%。17年度入試(19.3%)、18年度入試(18.2%)より下がった。科類ごとに合格者に占める女子の割合をみると、文学部や教育学部に主に進む文科三類(34.8%)は比較的高い一方で、理学部や工学部などに進む理科一類(8.1%)や、経済学部などに進む文科二類(13.2%)は低い。

志願者に占める女子の割合も17年度入試(21.6%)、18年度入試(21.2%)、19年度入試(20.7%)と下がり続けている。福田裕穂理事・副学長は「地方では、ご家庭が(女子生徒を)東京に出したがらなかったり、(地元の)医学部を目指す傾向があるようだ。能力に男女差はない。応募者(志願者)の女子の割合が増えれば(女子の)合格者も増える」と話す。入試課の担当者は「女子を含む多くの人に東京大学の魅力を続ける工夫をしたい」という。

現役合格者は66.6%で前年(66.8%)とほぼ変わらなかった。関東の高校の出身者の割合は59.1%で前年(59.7%)と同様だった。

科類ごとの合格最低点は、文科一類・文科三類・理科三類が前年より下がった。文科二類・理科一類・理科二類は前年より上がった。どの科類も同一の基準で採点されているかは明らかではないが、文系では、文科二類の合格最低点(358.0667点)が最も高かった。理系では、理科三類の合格最低点(385.3778点)が最も高かった。

東大の2019年度推薦入試では66人が合格している。外国学校卒業学生特別選考では、33人が合格した。

一般入試の科類ごとの合格者に占める女子の割合は次の通り。
文科一類 18.8%
文科二類 13.2%
文科三類 34.8%
理科一類 8.1%
理科二類 20.6%
理科三類 17.5%
合計 16.9%

科類ごとの合格者最低点は次の通り。
※いずれの科類も550点満点=二次試験(440点満点)とセンター試験(110点満点に換算)の合計点
文科一類 351.8333点
文科二類 358.0667点
文科三類 342.7222点
理科一類 334.6667点
理科二類 330.3778点
理科三類 385.3778点

高校生新聞社

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事