ここから本文です

モウリーニョがレアル監督就任に同意、条件は主力4選手の売却

3/10(日) 8:40配信

SPORT.es

ポルトガル人監督ジョゼ・モウリーニョがサンティアゴ・ソラーリの解任後にレアル・マドリーの新監督に就任する可能性がある。メディア『Soy madridista』によれば、モウリーニョは4名の主力選手の放出を条件に、マドリーの指揮を執ることに同意したという。

出場停止のラモス、会長と和解し、志願の遠征帯同でサポート

4名の選手とはセルヒオ・ラモス、マルセロ、カリム・ベンゼマ、ガレス・ベイルである。

6月30日までにマドリーがこれらの選手を売却することをモウリーニョは要求している。同メディアによれば会長はこの要求を受け入れる準備があるという。

コパ・デル・レイとUEFAチャンピオンズリーグで敗退し、リーガでの優勝のチャンスも期待薄なマドリーは現在必死に次期監督を探しているが、現在のところモウリーニョは唯一の候補である。

(文:SPORT)

SPORT

最終更新:3/10(日) 8:40
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事