ここから本文です

上原美幸が名古屋で「自己ベスト」母校後輩女優刺激

3/10(日) 8:29配信

日刊スポーツ

16年リオ・オリンピック(五輪)の陸上女子5000メートル代表・上原美幸(23=第一生命)が名古屋ウィメンズマラソンを翌日に控えた9日、名古屋市内で最終調整をした。初マラソンだった昨年9月のベルリンは2時間25分46秒。2度目のマラソンへ向け「コンディションがすごいいいです。自己ベストを狙って、先頭集団についていくレースをしたい」と話した。

【一覧】名古屋ウィメンズマラソンの主な出場選手

母校の鹿児島市立皇徳寺中はスターが多く誕生している。AKB48柏木由紀、女優加藤ローサ、上白石萌音、上白石萌歌ら。ドラマ「陸王」などに出演し、映画「君の名は。」ではヒロイン役の声を務めた上白石萌音は一緒に走ったこともある2学年後輩だ。「仲よくて、よくしゃべってました」。卒業後もたまに連絡を取り合う仲だという。そんな母校の偉大な卒業生たちに負けない活躍に期待を寄せられると「頑張ります」と笑顔で意気込んだ。

最終更新:3/10(日) 8:43
日刊スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事