ここから本文です

ライジングゼファーフクオカの『救世主』となるブレイクリー「あきらめず応援を」

3/11(月) 19:00配信

バスケット・カウント

「毎日の練習から、もちろん試合でもハードに戦う」

派手なモヒカンが目を引くが、実際にプレーを見るとディフェンスは丁寧だし、オフェンスでも本人が言うようにフロアバランスを把握して、チーム全体を動かす意図が見える。荒っぽいのは髪型だけ。そのモヒカンは「大学時代になんとなく始めて結構長くやっているけど、自分で簡単にセットできるから」との説明。オマケの要素として、子供たちから大人気だそうで、それも彼は気に入っている。

「滋賀よりも福岡のほうが暖かいし、街としても大きい。食事もおいしいので来て良かった」と福岡での暮らしにも早速フィットしている様子。「そばと天ぷらが好き」と言うブレイクリーのお気に入りのレストランは「スシロー」だそうだ。

最後にファンへのメッセージを。彼が声を出して鼓舞していくのはチームメートだけでなく、ファンも対象のようだ。「16試合は短いようでまだまだ長い道のりだ。4連勝したらボトム4から抜け出せるくらいの期間はあると思っている。ファンにはあきらめないようにと言いたい」と彼は言う。「自分たちは毎日の練習から、もちろん試合でもハードにプレーして、少しでも勝ちを取れるように戦っていく。だからあきらめずに応援を続けてほしい」と呼び掛けた。

ボトム4に沈むチームにとっての『救世主』となれるか。ブレイクリーはあくまでも前向きに、チームを牽引するつもりでいる。

バスケット・カウント

2/2ページ

最終更新:3/11(月) 19:00
バスケット・カウント

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事