ここから本文です

ヤマカンこと山本寛監督、破産手続き開始決定 映画「薄暮」には影響ないと説明

3/11(月) 17:14配信

ねとらぼ

 「フラクタル」「らき☆すた」などの監督で知られる“ヤマカン”こと山本寛さんの破産手続き開始が東京地裁立川支部で決定しました。山本さんが自身のブログで代理人弁護士の報告を公開しています。

【画像】山本寛さんの報告

 山本さんはアニメ制作会社ウルトラスーパーピクチャーズと過去のアニメ制作費負担について話し合いを続けていましたが、同社が債権者として破産手続き開始を申し立てました。山本さんが1億円余の債務を一括で支払うことが難しいことから破産手続き開始が決定の判断が下ったといいます。債務の大部分は過去のアニメ制作費に関連するものとしています。

 山本さんはクラウドファンディングで資金を集めたオリジナル劇場アニメ「薄暮」を2019年5月に公開する予定。今回の破産は同作には影響しないとしています。破産は山本さん個人に関するものであり、同作の資金を管理するトワイライトスタジオの財産には影響はなく、クラウドファンディングの資金が支払いに充てられることもないと説明しています。また「制作については順調に進んでおります」としています。

ねとらぼ

最終更新:3/11(月) 20:46
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事