ここから本文です

国際陸連、ロシア陸連の処分継続=解除要件いまだ満たさず

3/11(月) 20:12配信

時事通信

 【ロンドン時事】国際陸連(IAAF)は11日、ドーハで理事会を開き、組織的なドーピング問題を理由に2015年11月から資格停止としているロシア陸連の処分を継続することを決めた。モスクワにある検査所に保管されていた検体データの受け取りが完了しておらず、同国陸連に請求しているドーピング問題の調査などに要した費用も未納で、処分解除の根拠となる二つの要件を満たしていないと判断した。

 IAAFでドーピング問題を調査する作業部会責任者のアンデルセン氏によると、モスクワ検査所のデータは現在、世界反ドーピング機関(WADA)が検査している。 

最終更新:3/12(火) 18:04
時事通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事