ここから本文です

発砲でネットカジノ常連の韓国人指名手配=大阪府警

3/11(月) 22:00配信

時事通信

 大阪・ミナミのインターネットカジノ店で客ら2人が銃撃された事件で、大阪府警は11日、殺人未遂などの疑いで、逃走中の韓国籍の住所職業不詳、姜真一容疑者(34)の逮捕状を取り、全国に指名手配した。

【図解】刑法犯認知件数の推移

 姜容疑者は店の常連客という。

 事件は11日午前0時40分ごろ発生。大阪市中央区宗右衛門町の雑居ビル一室のネットカジノ店で、入店した男が男性店員(42)と男性客(32)を回転式拳銃で撃ち、徒歩で逃走した。

 捜査4課によると、別の店員が「顔なじみの客で、カメラで確認しドアを解錠した」などと証言。防犯カメラ映像などを分析し、特定した。姜容疑者は身長159センチ。逃走時、灰色の長袖Tシャツなどを着ていた。 

最終更新:3/11(月) 22:44
時事通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事