ここから本文です

米GRADO、ココボロ材をハウジングに使用した高級ヘッドホン「GS3000e」「GS3000e balanced」を発売。GS3000eは19万9000円

3/11(月) 18:22配信

Stereo Sound ONLINE

 米オーディオブランドGRADOから、ハイエンドヘッドホン「GS3000e」、および「GS3000e balanced」が発売される。GS3000eは3月15日発売で¥199,000(税別)、GS3000e balancedは4月上旬発売で、¥220,000(税別)となる。

 今回発表のGS3000eシリーズは、同社木製ハウジングヘッドホンの高級モデル・ステートメントシリーズの製品で、そのハウジングに最高級の木材と言われるココロボ材を使用したのが特徴となる。

 ココボロ材は、中米原産の木材で、硬くて重く、耐久性に優れるという特質を備えているそうだ。同社ではこれまでにヘッドホン、カートリッジへ同材を採用してきた経緯があり、今回そこで培ったノウハウを投入して作り上げたのが、GS3000eシリーズになるという。

 搭載ドライバーは、本シリーズと同じく50mm径のダイナミック型であり、木材の特性に合わせて精緻にサウンドキャラクターのチューニングを行なっているという。

 なおプラグは、GS3000eは3.5mmステレオミニケーブル、GS3000e balancedはXLRバランスとなる。


▼GS3000eの主な仕様
形式:オープンエア
エアチャンバー:中央アメリカ産ココボロ材
ダイアフラム:排気型
ダイアフラム口径:50mm
周波数特性:4Hz~51kHz
チャンネルバランス:0.05dB
インピーダンス:32Ω
感度:99.8dB
接続コード長:約2.1m
重量:約300g(ケーブル含まず)
総重量:約470g
入力端子:1/4インチ標準プラグ
付属品:ミニプラグアダプターケーブル、4.5m延長ケーブル


▼GS3000e-balancedの主な仕様
形式:オープンエア
エアチャンバー:中央アメリカ産ココボロ材
ダイアフラム:排気型
ダイアフラム口径:50mm
周波数特性:4Hz~51kHz
チャンネルバランス:0.05dB
インピーダンス:32Ω
感度:99.8dB
接続コード長:約2.1m
重量:約300g(ケーブル含まず)
総重量:約500g
入力端子:XLR4pinバランスプラグ
付属品:バランス/標準変換プラグケーブル、ミニプラグアダプターケーブル、4.5m延長ケーブル

最終更新:3/11(月) 18:22
Stereo Sound ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事