ここから本文です

ストーリー&映像を絶賛する声、多数。『スパイダーマン:スパイダーバース』が満足度第1位!

3/11(月) 18:01配信

ぴあ映画生活

「ぴあ」調査による2019年3月8日、9日公開のぴあ映画初日満足度ランキングは、第91回アカデミー賞で長編アニメーション賞を受賞した『スパイダーマン:スパイダーバース』が第1位になった。劇場にはアメコミ好きや、マーベル作品ファンが多くつめかけており、出口調査では“ストーリー”と“映像”を絶賛する声が続出した。

ほか画像

本作は、ニューヨーク・ブルックリンで暮らす少年マイルスが、初代スパイダーマンと出会い、彼のもとで2代目スパイダーマンへと成長していく姿を描いた作品で、ふたりの他に、全く別の次元から飛ばされてきた複数のスパイダーマンが登場し、彼らはマイルスを中心に集結し、世界の危機に立ち向かっていく。

観客からは「アメコミらしい雰囲気が前面に出ていて、演出がかなり斬新」「それぞれが抱える悩みとか、どのスパイダーマンもヒーローとしての役目を責任をもってやっていて、かっこよすぎた!」「ヒーローという重圧に耐えながら成長していく少年の物語で、スパイダーマンが誕生する瞬間が見られた」「アクションあり、笑いあり、涙ありの全部が詰まった映画。でも泣きが1番強かった!」などの声があがり、「アクションだけでなくストーリー面が良いなと思った。たまたまヒーローになっただけというところに親近感があって、等身大ヒーローという点に魅力を感じる」と話す人もいた。

出口調査では「アメコミのスパイダーマンをそのまま映像にしたような予告がカッコよくて興味を持った」と話す人もいて、“映像”を評価する声も目立ち、「読んでいたアメコミのイメージのまま観れたのでよく出来ていると思う」「リアルとコミック調のところがうまく合っていて面白い」「アニメならではのアクションの派手さがあってスピード感があった」「色彩豊かでアニメじゃないと表現できないシーンがよかった」などのコメントが寄せられた。

(本ランキングは、3/8(金)、3/9(土)に公開された新作映画12本を対象に、ぴあ編集部による映画館前での出口調査によるもの)

最終更新:3/11(月) 18:01
ぴあ映画生活

あなたにおすすめの記事