ここから本文です

阿蘇中岳の噴火警戒レベル2に引き上げ

3/12(火) 13:18配信

RKK熊本放送

RKK熊本放送

気象庁は阿蘇中岳の火山活動が高まっているとして、12日、噴火警戒レベルを「2」に引き上げました。
火口周辺1キロの範囲内はけさから立ち入りが規制されています。

気象庁によりますと、阿蘇中岳では先月上旬からやや大きくなっていた火山性微動の振幅が11日夜からさらに大きくなり、火山ガスの放出量もやや多い状態が続いているということです。

このため、今後、小規模な噴火が発生するおそれがあるとして、気象庁は、12日午前6時に中岳の噴火警戒レベルを「1」から「2」に引き上げました。

これを受け、阿蘇火山防災会議協議会はけさから火口周辺1キロの範囲内の立ち入りを規制しました。
「残念です」(東京からの観光客)
「そっかー。引き上げます。」(札幌からの観光客)

立ち入り規制で、火口見物はできませんが、山上広場や草千里は通常通り観光できます。中岳の噴火警戒レベルが「2」となるのは2017年2月以来です。

RKK熊本放送

最終更新:3/12(火) 13:18
RKK熊本放送

あなたにおすすめの記事