ここから本文です

川嶋あい、15年連続の卒業式サプライズライブ 代表曲「旅立ちの日に・・・」を卒業生にプレゼント

3/12(火) 20:30配信

エキサイトミュージック

川嶋あいが3月12日(火)、千葉県南房総市で行われた千倉中学校の卒業式にサプライズで登場し、自身の代表曲であり、卒業の大定番ソング「旅立ちの日に・・・」と「とびら」を演奏した。

卒業式が終わり、改めて体育館に集められた生徒達。PTA会長の「君達の別れと旅立ちの瞬間を、共にお祝いしてくれる素敵なゲストが千倉中に駆けつけてくれました。川嶋あいさんです」の一言と共に緞帳が上がると、全校生徒だけでなく保護者や関係者から沸き起こる歓声。より近くで川嶋あいを感じようと椅子を持ってステージに近づいてくる。

興奮冷めやらぬ中、「旅立ちの日に・・・」の歌唱へ。卒業式に合唱で歌った楽曲の本人登場によるサプライズライブに、歌詞と学校生活の思い出を重ね、涙する生徒達。じっくりと曲に耳を傾け聞き入る姿が印象的な瞬間となった。

楽曲終わりで川嶋は卒業生へメッセージを。

「ご卒業本当におめでとうございます。私は中学を卒業して、歌手になりたいという夢を持って東京へ上京しました。夢を叶えていくのは、簡単なことではなくて、やり続けないと辿り着けないんです。小さなことでも集中してやり続けてみてください。頑張っていれば絶対に素敵な人に出会い、みんなの夢を応援してくれます。これから、辛いことや苦しいことがやってきた時に、大きな壁と思うのではなく未来に繋がる“とびら”だと思って、ぜひ自分の手で思いっきり開いていってほしいと思いながら書いた歌があります」という振りで披露した2曲目は「とびら」。きっと、楽曲を通じて川嶋からのメッセージは届いたに違いない。

2曲を歌い上げた川嶋あいは卒業生へ、「最後に卒業生のみんなと一緒に『旅立ちの日に・・・』を歌えたらなと思うんですが、いいですか?」と生徒達に呼びかけた。川嶋の伴奏と共に、体育館へ響き渡った「旅立ちの日に・・・」は、生徒たちにとって心に残る1曲となったことだろう。卒業生達の目には大粒の涙が光り、川嶋の顔には笑顔が浮かんだ。

川嶋は、卒業式サプライズライブを終えた感想を、こう語った。

「千倉中学校の生徒の皆さんが、表情を輝かせて喜んでくださったのを肌で実感することができましたね。一緒に『旅立ちの日に・・・』を歌った時の表情は、たまらなかったですね。泣いている子もいて、嬉しかったです。逆に特別な物をもらいました。卒業してまた新しい道へ踏み出していくと思うんですけど、本当に勇気を出してい、いろんなことに踏み出しっていってほしいと思いますね。チャレンジしていく中で、出会った人たちも大切にしていってほしいです」

そんな川嶋あいの17年連続となる820公演の開催が発表された。デビュー前より続く、毎年8月20日に行われている820公演。詳細は後日発表、明日3月13日(水)12:00よりファンクラブ最速先行が始まる。

最終更新:3/12(火) 20:30
エキサイトミュージック

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事