ここから本文です

ロス・ブラウン、F1での予算制限導入に向けフェラーリの協力を期待

3/12(火) 18:33配信

motorsport.com 日本版

 F1は2021年に大幅なレギュレーション改正を予定しているが、その目的にはチーム間の経済的不平等の改善が含まれている。

【ギャラリー】ニッポンのF1ファンが選ぶ”美しい”F1マシンベスト10

 具体的な策としては予算制限の導入と、F1側からチームへの分配金をより均等にすることなどが挙げられている。

 現時点でチームがF1側から得る金額は、バーニー・エクレストン会長時代に個々に交渉されたものである。

 F1のスポーティング・ディレクターを務めるロス・ブラウンは、現在の不公平な分配金制度についてこう語る。

「レースを最下位で終えるようなチームが上位チームよりも多くの分配金を得たということもあった。それは正しいことではないと思う」

「F1参戦を考えているチームや企業は、『もしチャンピオンを獲ったら何を得られるのだろうか?』と考えるだろう。しかし中団チームの方がより優位な契約を結んでいると、チャンピオンを獲っても中団チームの半分しか利益がないこともあるのだ」

「そうなると、新たに参戦しようとするチームは現れないだろう」

 フェラーリは昨年、経営陣に大きな変化があった。急逝したセルジオ・マルキオンネに代わって、会長職にはジョン・エルカーン、フィアットCEOにはルイス・カッミレーリが就任した。そして今年の初めには、F1チームの代表がマウリツィオ・アリバベーネからマッティア・ビノットに替わった。

 長きにわたってフェラーリは、自分たちにとって優位な形でF1グループと金銭的交渉を行ってきた。そのためフェラーリが前述の規則変更の障壁になると思われてきたが、ブラウンは、彼らが新しい経営陣になったことでよりオープンになったと思っている。

「私は楽観的だ。フェラーリの新しい経営陣は、F1がより公平であるべきだということを認識している。彼らと議論をすることは問題解決に大きな役割を果たすだろう」

 フェラーリは、1950年にF1世界選手権が始まって以来、全てのシーズンに参戦している唯一のチームだ。ブラウンは、その事情を大いに考慮しなければならなかったことを認めた。

「我々はこの競技におけるフェラーリの重要性や歴史を認識する必要がある。しかし、他のチームに公平な立場を提供することも重要で、我々はそのバランスをとる必要がある」

「我々はそのバランスを間違っていたのだ。我々はどこで、なぜこうなってしまったを理解している」

Matt Beer

最終更新:3/12(火) 18:33
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事