ここから本文です

佐渡市長が陳謝、救助活動中に懇親会で酒 船の衝突事故

3/12(火) 9:45配信

朝日新聞デジタル

 新潟県佐渡市の三浦基裕市長は11日の市議会本会議で、9日に発生したジェットフォイル衝突事故の負傷者80人への救助活動が行われた同市両津港に出向かなかったことを陳謝した。

【画像】海洋生物とみられる異物と衝突後、岸壁の臨時救護所で手当てを受ける乗客ら=2019年3月9日午後2時7分、佐渡市の両津港

 三浦市長によると、救助活動が行われた9日午後に、佐渡市内で開かれた自治会との会合に出席。引き続きあった懇親会では乾杯などで酒を口にしたという。この間、両津港では市の指揮本部が設けられ、藤木則夫副市長ら職員約20人が救急隊らと連携して救助活動にあたったという。

 三浦市長は「現地とは連絡をとっていた。負傷者の搬送活動がもうすぐ終わるという連絡を受けたので懇親会に出席した」と釈明した。市議からは「危機意識のない市長のもとで市民は暮らせるのか」と辞職を求める発言が出たが、三浦市長は辞職の意思を否定した。

朝日新聞社

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事