ここから本文です

那須川どうする!? まさかのフリーランスボクサー中村優也が挑戦状「ボクシングなめんな」

3/12(火) 20:10配信

イーファイト

 RISE世界フェザー級王者・那須川天心(20=TARGET/Cygames)とボクシングルールで戦って、勝ったら1000万円を贈呈するというインターネットテレビ局「AbemaTV」の番組『那須川天心にボクシングで勝ったら1000万円』。

【フォト】那須川の番組企画に応募したことを公表した中村のSNS

 3月10日に発表され、番組特設ページでは挑戦者の募集も始まったが、この企画に意外な“本物”が挑戦者に名乗りを上げた。その男とは元WBCアジアバンタム級王者・中村優也(28)。

 中村は「プロ加盟したジムに所属していなければコミッション(JBC)に選手活動を認めてもらえない」という日本のルールに則らず、外国人扱い(フィリピンの選手ライセンス)で海外で戦っている“フリーランス”のスタイルをとるプロボクサーだ。

 2月9日(土)にはフィリピンで井上尚弥の対抗王者であるWBA世界バンタム級暫定王者のレイマート・ガバリョ(21=フィリピン)とノンタイトル10回戦で対戦し、2RでTKO負けしている。戦績は9勝(7KO)3敗1分。

 中村は3月11日(火)に自身のSNSにて「日本のプロボクシング(JBC)関連の人間は出られへん。それわかっててやろ? そんな条件の面子から選んでボクシングルールで弱い者いじめしてもしゃあないやろ? だから俺がやったる! 黙って俺を採用しろ! 階級もフェザー級で合わせたる! 観てる人らも企画やなくてほんまもんの試合が見たいやろ?」と、那須川天心の挑戦者募集に応募したことを発表。

 この投稿には応募画面の写真も添えられており、そこには「8ozギア無しで茶番やなくてプロボクシングのほんまの試合をやりましょう。日本のプロボクシング協会(JBC)とも関わりのない選手で僕が確実に1番強いんで企画優先のしょうもない奴やなくて現役のフリーのプロボクサーでベルト持ってる僕を選んで下さい。アベマの舐めた企画もボクシング舐めてるガキもこういう事二度と出来へんようにするつもりなんで」と辛らつな言葉が綴られており、『那須川天心へ一言』との欄には「ボクシングなめんな」と怒りとも取れるコメントが記されている。

 過去に行われた亀田興毅・大毅による『勝ったら1000万円企画』の挑戦者には、ホストやYouTuber、不良格闘技大会出場者などが選ばれており、格闘技やプロボクシングのプロ選手が出場したことは一度もない。今回の挑戦者応募資格には「18歳以上で心身ともに健康である男性のみ応募が可能」とだけあり、プロ・アマ・格闘技経験の有無などの制限はなくプロボクサーも応募可能だ。

 中村が書いている通り、日本ボクシングコミッション(JBC)のルールには「すべてのライセンス所持者は、JBCによる特別の許可がない限り、他のプロスポーツまたは他の格闘技関連団体に関与もしくは従事すること(非公式試合への出場を含む)はできない」とあり、日本のプロボクサーは出場することはできないが、中村はフリーでJBCのライセンスを持たないため出場は可能だ。

 果たして『那須川天心にボクシングで勝ったら1000万円』は、中村の挑戦を受けるのか。

最終更新:3/12(火) 21:05
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事