ここから本文です

デンソー・水口と結婚の川内 思い出のニューカレドニアマラソンに今年も出場決定

3/12(火) 10:44配信

スポーツ報知

 4月にプロ転向する公務員ランナーの川内優輝(32)=埼玉県庁=が5月に結婚することが12日、明らかになった。お相手は実業団・デンソーに所属する水口侑子(33)で、10日の名古屋ウィメンズマラソンを最後に現役引退を表明。元実業団ランナーの強力なサポートを受けてプロ生活をスタートさせる。

 出会いは学生時代にさかのぼる。2人は日本学生陸上競技連合から派遣選手としてニューカレドニア・モービル国際マラソンに出場し“アベックV”を達成。川内にとっては人生初の海外レースというランナーとしての原点であると同時に、思い出の地でもあった。昨年、10年ぶりに招待選手として出場し、「こういう形で戻ってこ来られるとは思わなかった。この大会がなかったら今の自分はない」と感謝の力走を見せ、2時間18分18秒で優勝を果たした。2019年大会(8月25日)も招待選手としての出場が決まっている。

 水口も2017年函館ハーフマラソンで優勝するなど、現役生活終盤まで高い実力を備えていた。ラストレースとなった名古屋は2時間33分57秒で28位。ホームページで「最後に自己ベストを更新して終わることが目標だったので、タイムはとても心残りですが、応援に来て下さったたくさんの方々の前で最後のマラソンのゴールをすることができてとても幸せです」と感謝をつづっていた。

 今後、1人でプロとして活動する川内にとって、実業団での練習法やノウハウなど、“コーチ”のような役割も担えるパートナーはこの上ない存在だ。公務員ランナーからの卒業とともに、独身生活からも卒業することになる。

最終更新:3/12(火) 10:52
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事