ここから本文です

スウェーデンの少女が気候変動対策求め学生スト、40カ国が参加へ

3/12(火) 13:59配信

ロイター

[ストックホルム 11日 ロイター] - スウェーデンの女子学生グレタ・トゥンベリさんが始めた、気候変動への対策を求める「気候のための学生ストライキ」が世界的な広がりを見せている。15日には、40を超える国で学生が学校を休んでこの運動に参加するもようだ。

きっかけは昨年8月。15歳だったトゥンベリさんは、自転車で議会前に乗りつけ、「気候のために学校でストライキをしよう」と手書きしたプラカードをもって抗議活動を行った。

これに世界の学生数千人が続き、青年団体などが3月15日の活動参加を呼びかける異例の事態となった。

トゥンベリさんはロイターとのインタビューで、「この活動はとても重要だと思う。活動を通して人々が意識を持ち、問題について話し合うようになるだけでなく、権力者にこの問題が一番重要だと示すことができる」と語った。

トゥンベリさんのツイッターのフォロワー数は約25万人に達している。

最終更新:3/12(火) 14:03
ロイター

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事