ここから本文です

26時のマスカレイド・来栖りん「ホワイトデーにはひじきが欲しい」

3/12(火) 8:00配信

HOMINIS(ホミニス)

26時のマスカレイドが2月17日に東京・TSUTAYA O-EASTで行われた「出張!六本木アイドルフェスティバル in 渋谷」が出演。このライブの模様が3月30日(土)テレ朝チャンネル1にて放送される。
来栖りん、大門果琳、吉井美優、森みはる、江嶋綾恵梨の5人で活動する彼女たちは、グループ結成後わずか9か月でTIF(東京アイドルフェスティバル)に初出演するなど順調に活動を続け、今年の夏にはメジャーデビューも決定している。今回そんな彼女たちにインタビューを敢行し、本ライブの見どころや、メジャーデビューへ向けての意気込みなどを語ってもらった。


――ライブの見どころを教えてください。


来栖「今回は、バレンタインをイメージした『ビタースイート』という曲を歌うんですけど、それに合わせて衣装もかわいらしいものを着るので、カバー曲と共にそこが見どころです」


――ライブ前に必ずやっていることはありますか?


江嶋「みんなで壁に向かって声出しをします。大きなワンマンライブだと円陣もあるんですよ。あとは、ケータリングにすぐ飛びつきますね(笑)」


――ライブのテーマがちょっと遅めのバレンタインということで、バレンタインデーの思い出はありますか?


大門「中学生くらいの時って友チョコを配っていたんですけど、チョコの大量製作が苦手で市販のクッキーにチョコペンをデコレーションしたりして、作った風を装って渡していました(笑)」


江嶋「私も高校生くらいの時にちゃんと作ろうという気持ちはあったんですけど、結局板チョコを溶かしてアルミホイルのかわいいカップに流し入れて、上に飾りを乗せるという技を使って、たくさんの方に"手作り風"チョコを配っていました(笑)」


森「私も料理上手の母が大量に作ったものをみんなに配っていました。もちろん、母が作ったことを伝えていましたよ(笑)。母が何人に1番おいしいと言われたか聞いてくるので、みんな言ってたよと伝えましたけど。でも、私自身もともとチョコが好きじゃなかったので高校生からは不参加です」


来栖「小学生くらいから毎年バレンタインは手作りでいろいろ作っているんですけど、好きな男の子にはいつも1個だけ多くして渡していました」


全員「何それ、かわいい!」


吉井「私も小学生から高校まではちゃんと作っていたんですけど、卒業してからは市販のものに変えちゃいました」


――3月はホワイトデーがありますが、お返しに欲しいものはありますか?


吉井「チョコより抹茶とか、マカロン、ラーメンとか・・・。カップラーメンの醤油豚骨味か蒙古タンメンがいいです!」


来栖「私は高校生なので、バレンタインって周りからけっこう大量にもらうんですよ。おかげで体重が増えるのに、ホワイトデーでまた大量にもらってしまうととんでもない体重になってしまうので...」


江嶋「全部吸収するんだね(笑)」


来栖「サラダとかカロリーの低いおいしいものを・・・ひじきとか欲しいです!」


全員「ひじき!?」


森「私はアクセサリー。似合うなと思って選んでくれたら何でもうれしいです」


江嶋「私も食べ物より身に付けるものがいいです。マフラーとか季節に合うものですね」


大門「犬を飼っているので犬のおやつが欲しい!トイレに行くごとにいつもご褒美であげちゃうので、おやつの消費量がすごくて。毎月いっぱいささみを買っているのでささみが欲しいです(笑)」


――夏にメジャーデビューが決定していますが、デビューに向けて成長したいことを教えてください。


江嶋「たくさんあるんですけど、私たちは常にステージを見にきて欲しいと思っていて。だからパフォーマンス面での課題ももちろんありますけど、常にお客さんと一緒に楽しめるあおりとかを、日々の活動でうまくなっていきたいですね。あとは、パフォーマンスのちょっとした変化に気付いてくれるファンの方もいて『頑張ってるね』とか声をかけてくださるので、そうやって応援していただける声を今後も大事にしたいなと思います」


文・撮影=永田正雄

HOMINIS

最終更新:3/12(火) 8:00
HOMINIS(ホミニス)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事