ここから本文です

新型「CB250R」はどこまで進化した?

3/12(火) 7:37配信

ニュースイッチ

 ホンダは排気量250ccエンジンを搭載したネイキッドロードスポーツモデルの2輪車「CB250R」を一部改良して乗りやすくするとともに新たな車体色も追加し、4月19日に発売する。価格は55万4040円(消費税込み)。国内で年間3000台の販売を目指す。

 フロントサスペンションのスプリングやリアサスペンションを変更するなど、シートにまたぎやすくする「足つき性」を高めた。新しい車体色として洗練されていながらあでやかな印象を表現する「マットパールアジャイルブルー」を加え、全4色を用意する。

 急制動時の後輪の浮き上がりを効果的に抑制するIMU(車体姿勢推定システム)を備えた車輪ロック防止装置(ABS)を標準装備する。

最終更新:3/12(火) 7:37
ニュースイッチ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事