ここから本文です

佐々木俊尚氏、乙武洋匡氏ら「原発賛成・反対だけの議論はやめよう」福島第一原発事故から8年、感情論によらない対話を

3/12(火) 22:02配信

AbemaTIMES

 東日本大震災から8年。福島第一原発の廃炉作業が行われる中、大飯原発をはじめとする原発の再稼働も進んでいる。ただ、原発の使用済み燃料の保管場所の問題や、将来のエネルギーミックスの問題など、課題は山積したままだ。

 現在の構想では、使用済み核燃料から出る“核のゴミ“をガラスで固め、地下300mより深くに埋めるというものがあるが、その場所は未定のままだ。

 11日放送のAbemaTV『AbemaPrime』に出演した東京工業大学の澤田哲生助教(原子核工学)は「小泉元総理なども保管期間は10万年と言っているが、これは原発から出てきた使用済み燃料をそのまま地中に埋める直接処分という方法で、確かに2万年~10万年くらい面倒を見なければならない。これに対し、日本の場合は再処理をし、使えるプルトニウムやウランを取り除いてリサイクル、そこで残ったゴミだけを捨てる。これでも十分長い時間ではあるが、管理は8千年と言われている。また、もんじゅのような高速増殖炉を使い、そこに閉じ込められないカスだけにすると300年~100年に短縮できる可能性もある。青森県六ヶ所の再処理施設がまだできあがっていないが、あと数年以内には動くことを目指してやっている」と話す。

 その上で澤田氏「出てきたゴミについて、“なんとかしなければならない“という話は出てくるが、どこに捨てるかというと、場所の選定が難しい。埋める技術はちゃんとしたものがあるが、社会的な要因が非常に大きいと思う。日本全国だいたい地下300mくらいまで掘ると強固な岩盤が出てくる。活断層や火山、鉱山資源が出てくる可能性があるところも避けて作ればいいのではないかというのが専門家の意見。原発再稼働では活断層が12万年以内に動いた可能性があるかどうかの判定を非常に厳しくやっているが、それと同じような手法が適用できる。ただ、地震の影響が及ぶ可能性や、新しく活断層が見つかる可能性もゼロではないし、専門家がちゃんと解析・シミュレーションもして、安全だということを言っているが、特に日本はどこを掘っても水が出てくるので、この影響についての議論がずっとある」と指摘した。

1/3ページ

最終更新:3/12(火) 22:02
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい