ここから本文です

広島長野「難しかった」慣れない左翼で移籍後初守備

3/12(火) 19:22配信

日刊スポーツ

<オープン戦:広島0-13日本ハム>◇12日◇マツダスタジアム

マツダスタジアムで守った! 打った! 広島長野久義外野手(34)が日本ハムとのオープン戦で今年初めてゲーム守備に就いた。

【写真】松本の左前打を捕球する長野

場所は巨人時代の中堅や右翼ではなく、左翼。難なくさばくと、打撃では幸運な本拠地初安打も記録した。開幕が近づくにつれ、長野の調整のペースも上がっていく。

この日最も大きな歓声は、左翼に向かう長野に送られた。遊撃に就いた新人小園とともにグラウンドを駆けた34歳は、慣れない左翼の位置で止まると、太陽の位置を確認。移籍後初めて実戦守備に就いた。いきなり先頭松本のライナーが飛んできたが、軌道に合わせて数歩前進すると難なく捕球。新たな戦場となる左翼で最後までプレーしたのは、敗戦の中で大きな収穫となったに違いない。

巨人時代は主に中堅と右翼を守ってきた。左翼での公式戦出場は10年10月7日広島戦(東京ドーム)を最後にない。景色が違えば、打球の回転、切れ方も違う。長野も「全然違ったので難しかった」と振り返った。広瀬外野守備走塁コーチは「(左翼守備は)ほぼ初めてでしょ。慣れてもらうしかない。試合を通じて慣れていってほしい」と、今後も左翼での出場を明言した。

開幕まで20日を切り、オープン戦5試合目にしてゲームで外野を守った。調整の段階は着実に上がっている。本人も「そうですね」とうなずく。高ヘッドコーチは「全然問題ない。スタメンだとレフトが多くなるけど、長野は(外野なら)全部できるから」と太鼓判。9回、西川が後逸した打球にしっかりカバリングするなど外野手としての動きは体に染み込んでいる。

7回の打席では、日本ハム浦野のスライダーをたたいたゴロが遊撃手前で高くレギュラーバウンドした。幸運な本拠地安打に「シーズン中にああいうのが欲しいですね」と苦笑い。迎打撃コーチは結果以上に「スイングの力が上がってきているのは間違いない」と状態の上向きを感じている。

まだ気温が低く、若手や慣れないポジションの選手にチャンスを与える期間でもある。開幕が近づき、チームが最終仕上げに入っていく中で、チーム最多の通算1271安打を記録する実力者も調整のペースを上げていく。【前原淳】

最終更新:3/12(火) 21:57
日刊スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事