ここから本文です

ポイントサービス、利用しやすさやリピート意向で「楽天スーパーポイント」が人気1位【ネットエイジア調べ】

3/13(水) 7:16配信

Web担当者Forum

なお、「どのようなお店でポイントを貯めているか」については、1位「コンビニ」75.3%、2位「スーパー」62.9%、3位「ドラッグストア」57.9%が上位。「ポイントを貯めるために行っていること」では、1位「なるべくポイントサービスの取扱店で買い物する」58.4%、2位「ポイント2倍デーや5倍デーのキャンペーン時に買い物をする」44.4%、3位「なるべくネットショッピングで買うようにする」29.8%が上位だった。「ポイント利用方法」では、1位「買い物で(支払いに)使う」76.4%が圧倒的で、2位「電子マネーと交換する」31.2%との間に45.2ポイントの差があった。

ちなみに、「電子マネーやポイントですべての支払いをしたい」かを聞くと、「あてはまる」55.2%となり、“電子マネー/ポイントによるキャッシュレス決済”を志向する人が過半数に達していることがあきらかとなった。

 

利用しやすさでは楽天スパポとTポイント、交換条件で航空会社系

さらに、各ポイントサービスについて、「利用しやすさ」「リピート意向」「交換条件」を質問。

「利用しやすさ満足度」(ポイントを利用しやすいと評価した割合)の1位は「楽天スーパーポイント」63.2%で、以下「Tポイント」59.9%、「dポイント」42.0%の順。「楽天スーパーポイント」「Tポイント」は、貯めやすさ満足度ランキングでも同じ順位であり、「貯めやすく、利用しやすい」と、利用者に高く評価されていることがわかる。

次に、「リピート意向度」(このサービスは今後(も)利用したいと評価した割合)の1位も「楽天スーパーポイント(70.6%で、以下「ANAマイレージクラブ(全日空)」62.5%、3位「JALマイレージバンク(日本航空)」60.8%の順で、航空会社系サービスが「Tポイント」59.9%を僅差で上回った。

一方、「交換条件の満足度」(このサービスは特典への交換条件が魅力的と評価した割合)では、1位「JALマイレージバンク(日本航空)」44.0%、2位「ANAマイレージクラブ(全日空)」39.8%、3位「楽天スーパーポイント」33.3%と、特典航空券などへの交換条件に背景に、航空会社系サービスがマイレージの強さを見せつけた。

 

2/3ページ

最終更新:3/13(水) 7:16
Web担当者Forum

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事