ここから本文です

【巨人】ゲレーロ、2戦連発「いい感触だった」 原監督「信頼感が出ます」

3/13(水) 7:07配信

スポーツ報知

◆オープン戦 ソフトバンク2―4巨人(12日・北九州)

 打った瞬間、誰もがスタンドインを確信した。左翼席中段で打球が弾むと、ゲレーロはゆっくりと走り出した。同点で迎えた8回1死一塁。ソフトバンクのドラフト1位・甲斐野の150キロ直球を仕留め、2戦連発となる2号勝ち越し2ランを放った。「簡単な球ではなかったが、いい感触だった。いいスイングができたよ」とうなずいた。

【写真】菅野が絶賛する「ポスト山口鉄」

 予告通りの一発だった。この日は右翼から左翼へ風が吹いていたため、試合前練習を終えると「センター、ライト、ノーチャンス」とつぶやき、風に乗って打球が飛ぶ左翼方向への打撃を意識していた。会心の一撃に、原監督も「今日みたいな形でいい場面で、ああいうホームランがでると信頼感が出ます」とたたえた。

 現状1軍外国人枠は守護神候補のクックと先発のメルセデス、ヤングマンで投手に3枠が決定的で、ゲレーロは残り1枠をビヤヌエバと争う形となっている。ビヤヌエバは3打数無安打に終わり、ゲレーロは最終打席で結果を残したことで開幕1軍も近づいた。それでも「自分の仕事に集中したい。後は監督や首脳陣の方が決めることなので」。移籍1年目の昨季は15本塁打に終わったが、今年こそ17年本塁打王の実力を見せつける。(後藤 亮太)

最終更新:3/13(水) 7:13
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事