ここから本文です

谷垣氏、参院選出馬を断る 二階氏と会食「リハビリを中心に」

3/13(水) 15:34配信

毎日新聞

 自民党の二階俊博幹事長は13日、自転車事故で頸髄(けいずい)を損傷し政界を引退した谷垣禎一前総裁(74)と東京都内のホテルで会食し、夏の参院選への出馬を打診した。谷垣氏は「リハビリを中心に生活していく」と固辞した。

 谷垣氏が会食後、記者団に明らかにした。谷垣氏は「退院して1年数カ月たち、自分のできることがだんだん分かってきた。やっぱりリハビリを中心に、人に迷惑をかけないように生きていくことではないかなあ、と(二階氏に)話をした」と語った。安倍晋三首相の「党総裁4選論」については「いろいろな人がいろいろなことを考えて言う。政治の世界にはよくあること」と話すにとどめた。

 谷垣氏は幹事長だった2016年7月に事故に遭い、17年衆院選に出馬せず引退。昨年10月に首相官邸を訪れて事故後初めて公の場に現れ、今年2月の自民党大会ではスペシャルスピーチを行った。【影山哲也】

最終更新:3/13(水) 16:41
毎日新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい