ここから本文です

輝星、バット拾う姿に成長の跡 転機は高2夏の敗戦

3/13(水) 5:38配信

スポニチアネックス

 ◇春季教育リーグ 日本ハム5-0楽天(2019年3月12日 鎌ケ谷)

 日本ハム・吉田輝は楽天・橋本のバットをへし折った後、バットをボールボーイに渡す姿があった。心も大きく成長してきている。

 金足農でバッテリーを組んだ捕手の菊地亮は「(1、2年の頃は)エラーをすれば吉田に怒られるので、みんな怖がっていた」という。変わったきっかけは2年夏の秋田大会決勝の明桜戦の敗戦。5回2/3を5失点で敗れ「自分のせいで負けた」と痛感。そこから「エラーはそこに打たせた自分が悪い」と周囲のことを考えられるようになった。

 2月の沖縄県国頭村で柿木とともに同部屋だった2学年上の捕手の郡(こおり)は「クールな感じかと思ったら“壁”を感じない、やんちゃなやつだった」と驚く。どんなに調子の悪い日でも、報道陣に対応して冗談を飛ばすなど、心のゆとりを常に保つ。公式戦に入っても、結果に一喜一憂しない大人の吉田輝を見たい。 (日本ハム担当・武田 勇美)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事