ここから本文です

【ドバイターフ】反応抜群!アーモンドアイ臨戦態勢整う 国枝師は成長をアピール「見てのとおり」

3/13(水) 12:07配信

サンケイスポーツ

 30日のドバイターフ(メイダン、GI、芝1800メートル)に挑む年度代表馬アーモンドアイが、美浦Wコースで順調な調整ぶりを披露した。ルメール騎手を背に、馬なりで6F80秒4-65秒5-51秒3-37秒0-12秒3をマーク。外ロジチャリス(古馬OP)に1馬身、中ケイブルグラム(古馬障害未勝利)に1馬身半先着した。反応の良さが際立ち、すでに臨戦態勢は整っている。

 「見てのとおり。自分でハミを取ってグイグイ行っていた。やる気があるけどエキサイトはしていない。馬体にもひと回り幅が出た」と国枝調教師は成長をアピール。きょう13日に検疫入りし、20日に出国する予定だ。(夕刊フジ)

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事