ここから本文です

スマホゲーム『AKB48グループ ついに公式音ゲー出ました。』などをリリースしていたS&P、破産開始

3/13(水) 11:20配信

帝国データバンク

『AKB48グループ ついに公式音ゲー出ました。』は、2018年3月中にサービスを停止していた

 (株)S&P(旧:ストラテジーアンドパートナーズ、TDB企業コード:960571848、資本金1000万円、東京都目黒区中根1-2-13、代表近石健介氏)は、3月6日に東京地裁より破産手続き開始決定を受けた。

 破産管財人は若槻哲太郎弁護士(東京都千代田区麹町2-12、村田・若槻法律事務所、電話03-3263-0480)。債権届出期間は4月3日まで。

 当社は2010年(平成22年)4月に設立。Webブラウザオンラインゲームとソーシャルゲームおよびスマートフォン向けのネイティブアプリなどのネットワークゲーム開発・運営事業を主体に、パブリッシングタイトルの運営事業も手がけていた。

 Webブラウザオンラインゲームとソーシャルゲームにおいてリリースしたものは、人気アニメ『魔法少女まどか☆マギカ』や『Fate』、『BRS』、『進撃の巨人』などに関するもの。スマートフォン向けのネイティブアプリは、『AKB48グループ ついに公式音ゲー出ました。』や『ふなっしー』や「ぐんまちゃん」などのゆるキャラが登場する『いっしょにプルプル』など。

 『AKB48グループ ついに公式音ゲー出ました。』は、2014年5月のリリース後、1カ月で80万ダウンロードを記録するなど大ヒットとなり、当社の収入の柱となっていたが、2018年3月中にサービスを停止。『いっしょにプルプル』についても、2016年4月をもってサービスを停止していた。

 負債は調査中。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事