ここから本文です

川嶋あいさんサプライズ熱唱 卒業生の“旅立ち”祝福 南房総・千倉中

3/13(水) 10:37配信

千葉日報オンライン

 千葉県南房総市千倉町の市立千倉中学校(川上哲世校長、生徒228人)で12日、卒業式が行われ、シンガー・ソングライターの川嶋あいさん(33)がサプライズで歌を披露した。川嶋さんは自身が作詞・作曲した卒業ソングの定番「旅立ちの日に…」など2曲を弾き語り、卒業生90人の門出を祝った。

 川嶋さんは全国の中学・高校を対象に、毎年公募で選ばれた学校を訪れ、卒業式の日にミニライブを開催している。今年は募集を知った同校PTA会長の山口尚宏さん(44)が川嶋さんにメッセージを送り、約500校の中から同校のみが選ばれた。

 川嶋さんは透き通った声とピアノで「旅立ちの日に…」や東日本大震災の被災地の子どもたちへ向けて制作した「とびら」を披露。自身がデビュー前から、千回にわたり路上ライブを積み重ねたことに触れ、「小さなことでも集中して頑張れば、すてきな人たちが夢を応援してくれる」と語った。

 卒業生らは突然のサプライズゲストに声を上げて大興奮。最後は川嶋さんと涙を流しながら合唱した。和田春穂さん(15)は「中学校での生活を思い出させてくれる歌詞があり、感動した」と喜んでいた。

 川嶋さんは「学校が歩んだ歴史や、悩みを抱えた生徒に向けて歌ってほしいという熱いメッセージをもらったことから千倉中を選んだ。少しでも歌でエールを送れたら」と話した。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事