ここから本文です

コロンビア人FIFA国際審判が部下に性的嫌がらせ、複数の人間が告白する

3/13(水) 20:39配信

ムンドデポルティーボ日本語公式

 コロンビア人レフェリー4人が、キャリアアップなどを条件に上司から性的嫌がらせを受けたことを明かしている。火曜日、被害者の一人である元FIFA国際審判ハロルド・ペリージャがラジオ番組『W Radio』で語った。

 ペリージャによると、告発されたのはコロンビア最高のレフェリーと評されているFIFA国際審判オスカル・フリアン・ルイスだ。ルイスは過去10年間、その権力を使って様々なレフェリーに関係を強要していたという。

「2007年から私が引退するまで、オスカル・ルイスはいつも私に性的な関係を求めてきた。直接口にはしないものの、無言で性器を触ってきたりしてね」ペリージャはそのように話した。「シーズン前に廊下であったときには、下着の中に手を入れられた。上司だったので非難することができず、その場を無言で立ち去るしかなかった」

 メールなどの証拠を残さず、またコロンビアのレフェリー委員会での権力を盾に嫌がらせを繰り返していたことから、ペリージャはルイスを「非常に狡猾な人間だった」と語っている。そのほかルイスは主審任命を引き換えに20万から30万ペソ(約7000円から10500円)の賄賂も受け取っていたそうだ。

 同様に元レフェリーのカルロス・チャベスも、ビリャビセンシオで行われたコパ・コロンビアの試合のあと、オスカル・ルイスに性的関係を強要されたことを明かしている。

「試合後に私がシャワー室にいると、オスカル・ルイスが私に近寄ってきました。そして私の体を触ってきたのです」チャベスはこれを拒否したが、そのあとレフェリー委員会から無視されるようになったという。同委員会のなかでは「気が狂っている」「愚かもの」というレッテルを貼られたそうだ。

 同じく元レフェリーのフリアン・メイアも性的嫌がらせを受けたことを明かしたが、その相手については「非常に権力を持っている人間」と、名前を明かしていない。メイアはその人間を拒否したあと、2ヶ月間レフェリーに任命されなかったと語っている。

 この数週間、コロンビアではU-17代表での性的嫌がらせが発覚して大きな論争が起きていた。名前が挙がっている被告はU-17代表のディディエ・ルナ監督、フィジカル・トレーナーのシジフレド・アロンソ、コーチのフェリペ・タボルダである。

Mundo Deportivo

最終更新:3/13(水) 20:42
ムンドデポルティーボ日本語公式

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事