ここから本文です

ルノー・日産・三菱自のトップが会見(全文3完)意見の相違はあった

3/13(水) 12:55配信

THE PAGE

 企業連合を組むルノーと日産自動車、三菱自動車の3社は12日午後、共同記者会見を開いた。ルノーのジャン・ドミニク・スナール会長とティエリー・ボロレCEO、日産の西川廣人(さいかわひろと)社長、三菱自の益子修会長兼CEOが出席し、3社連合による新たな会議体「アライアンス・オペレーティング・ボード」を設立すると発表した。

【動画】日産・ルノー・三菱自、3社のトップが共同記者会見(2019年3月12日)

※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「日産・ルノー・三菱自、3社のトップが共同記者会見(2019年3月12日)」に対応しております。

     ◇     ◇

RAMAの位置付けはどうなるのか

東洋経済新報社:東洋経済の【キシモト 00:40:12】です。スナール会長と西川社長のお2人に、それぞれ伺いたいのですが、まず1問目なのですが今回の覚書、3社による覚書というところで、一方で日産とルノーの間にあるRAMAという2社間の協定があると思います。そのRAMAの位置付けがどうなるのかというのと、今後のRAMAの見直しもこの新しい組織で協議していくことになるのか、それをまず1点目、お願いします。

スナール:回答は簡単です。RAMAは存続します。これは動きません。今はまったくRAMAの修正については検討しておりません。短いですけれども明快な回答になると思います。非常にごもっともなご質問だと思います。

東洋経済新報社:ではもう1問お願いします。今回のアライアンスボードのメンバー、4人ということなんですけど、日産と三菱は各社1人ということなんですけど、ルノーだけは2名いらっしゃるということで、これは推測なんですけど、フランス側が2名、日本側が2名というような感じでそのような人数にされたのかなと思ったんですけど、ルノー側が2人である理由について教えてください。

スナール:日本が強いからじゃないですか。だからフランスが2人出さないと。そういうふうに解釈してください。いやいや、これは素晴らしいバランスが取れた状況だと思います。それはご理解いただけると思います。それはご理解いただけると思いますが、ただ、ご質問いただきましてありがとうございます。本当にごもっともなご質問だと思いますので、こちらの仲間のほうから何か一言。

西川:大事なことは、もちろんルノーの利益を代表する方、で、意見、それから三菱さんの意見、利益を代表する、そして日産と。Win-Win-Winの確認をしなくちゃいけないんですね。それと同時に、やはり持っているバックグラウンドからのさまざまなところから意見っていうところがありますから、それも、そのバランスも必要だと思います。そういう意味では、われわれがここにいて、かつスナールさんを非常にフレッシュなリーダーとして事案をやっていたということは非常にバランスとしてはいいバランスかなというふうに私は思ってます。

スナール:また、この3社のCEOというのは、直接オペレーションを統括してる人間で、同じようにボードのメンバーになるということが重要なところです。私はもう会長でしかありませんから。

司会:はい、じゃあ後ろ。もうずっと後ろ。

1/5ページ

最終更新:3/13(水) 12:55
THE PAGE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事