ここから本文です

大坂なおみ 完敗で8強ならず、ミス連発で精彩欠き4回戦敗退<BNPパリバOP>

3/13(水) 11:16配信

tennis365.net

BNPパリバ・オープン

女子テニスのBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、プレミア・マンダトリー)は12日、シングルス4回戦が行われ、第1シードの大坂なおみは第23シードのB・ベンチッチ(スイス)に3-6, 1-6のストレートで敗れ、2年連続のベスト8進出とはならなかった。

【錦織は「大きな子ども」と大坂】

この試合、大坂は第1ゲームでブレークを許すと、第5ゲームではダブルフォルトを犯すなど精彩を欠き第1セットを落とす。

第2セットでも勢いを取り戻すことができなかった大坂は第2ゲームでサービスゲームを落とすと挽回することができずに力尽きた。

21歳の大坂は昨年に続いて2連覇を達成することはできなかった。

大坂は、昨年のBNPパリバ・オープンでツアー初優勝。その後は、全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)と全豪オープンでグランドスラム2大会連続優勝を飾って世界ランク1位となった。

また、全豪オープン優勝後にはサーシャ・バイン氏とのコーチ関係を解消。現在は新たなコーチにジャーメン・ジェンキンス氏をチームへ招き、新体制で今大会に臨んでいた。

一方、勝利したベンチッチは準々決勝で、第5シードのKa・プリスコバ(チェコ)と第21シードのA・コンタベイト(エストニア)の勝者と対戦する。

最終更新:3/13(水) 17:25
tennis365.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事