ここから本文です

違法ダウンロード対象拡大は次期国会に先送り「妥当な結論。誰も望んでいなかった」

3/13(水) 16:25配信

AbemaTIMES

 注目が集まっていた改正著作権法案に大きな動きがあった。

 衆議院議員でMANGA議員連盟会長も務める古屋圭司議員は13日午前、Twitterで「著作権改正法案は次期国会に先送り決定。今朝自民党幹部会で決定しました」と報告。「鋭意再検討してきた結果だ。自民党の良識を示せたと思う」とも述べている。

 改正著作権法案で特に批判を浴びていたのが、違法ダウンロードの対象拡大に関する項目について。これまで違法ダウンロードの対象は動画と音楽だったが、政府は海賊版サイトへの対策として無断で投稿された静止画も違法ダウンロードの対象とするほか、著作権を侵害するものと知ったうえでスクリーンショットを撮ることもダウンロードに含まれるとして違法とする新たな案を進めていた。

 漫画家や法律の専門家らが共同で緊急声明を発表するなど反発の動きもあり、東京工業大学准教授の西田亮介氏は「著作権者も含めて誰も望んでいなかったことで、政治の中だけで加熱していたところがあり妥当な結論だと思う」とコメント。「元々動画と音楽は違法だったが、静止画はインターネットのかなりの範囲で使われていて、対象が拡大すると創作や表現の自由が制限される可能性がある。それらを考えると『やりすぎ』だという結論に落ち着いたのだろう」との見方を示した。
(AbemaTV/『けやきヒルズ』より)

最終更新:3/13(水) 16:25
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事