ここから本文です

ZOZOが再び大幅安!日経平均株価は大幅続伸で4日ぶり21,500円台に

3/13(水) 7:20配信

LIMO

株式市場の振り返り-日経平均株価は大幅続伸、終値でも4日ぶりに21,500円回復

2019年3月12日(火)の主要指標(カッコ内は前日終値比)

 ・日経平均株価 21,503円(+378円、+1.8%) 大幅続伸
 ・TOPIX 1,605.4(+24.0、+1.5%) 大幅続伸
 ・東証マザーズ株価指数 931.0(+20.0、+2.2%) 大幅続伸
東証1部上場銘柄の概況

 ・値上がり銘柄数:1,893、値下がり銘柄数:185、変わらず:56
 ・値上がり業種数:33、値下がり業種数:0
 ・昨年来高値更新銘柄数:16、昨年来安値更新銘柄数:4
東証1部の出来高は12億3,152万株、売買代金は2兆3,266億円(概算)となり、いずれも前日より増加しました。週明けの米国株が急反発したことを受けてリスクオンモードが強まりましたが、今週予定されているイベント(英国ブレグジットの議会採決など)を控え、模様眺めに徹する投資家も多かったようです。

売買代金は前日よりは増えましたが、2兆5,000億円にも届かない水準でした。

そのような中、日経平均株価は終日プラス圏で推移し、戻り上値を試す展開となりました。前場の終盤に21,500円台を回復すると、後場の序盤には一時+443円高まで上昇する場面が見られました。後場の半ばから上値が重くなったものの、大幅続伸となって終値でも4日ぶりに21,500円台へ回帰しています。

なお、TOPIXも同じような値動きで大幅続伸となりましたが、上昇率は日経平均株価をやや下回りました。これは、大型株への買い戻しが優勢だったことを示唆しています。

東証マザーズ株価指数は大幅続伸、売買代金は25日連続で1,000億円超え

東証マザーズの出来高は1億467万株、売買代金1,463億円となり、いずれも前日より増加しました。医療バイオ関連株を中心に個人投資家の物色意欲が復活し、出来高は再び1億株を上回り、売買代金は25日連続で1,000億円超となりました。

また、株価指数も大幅続伸となり、終日900ポイントを大きく超える値動きとなりました。

1/2ページ

最終更新:3/13(水) 7:20
LIMO

チャート

ファーストリテイリング9983
66060円、前日比+1160円 - 6/14(金) 15:00

チャート

ファナック6954
19325円、前日比+20円 - 6/14(金) 15:00

チャート

オムロン6645
5360円、前日比-60円 - 6/14(金) 15:00

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事