ここから本文です

カメルーンからお礼のビデオ 文房具贈った富山・古沢小に

3/13(水) 18:14配信

北日本新聞

 2月にカメルーンの小学校に文房(ぼう)具を贈(おく)った富山市古沢小学校の6年生の元に、現地(げんち)の子どもからお礼のメッセージビデオが届(とど)いたぞ。6年生はきのう、メッセージビデオを見て、国境(こっきょう)を越(こ)えて友情(じょう)が生まれたことを喜んでいたよ。

 6年生は授業(じゅぎょう)で、世界には文房具を持つことが難(むずか)しい子どもがいることを学んだんだって。そこで、ノートや鉛筆(えんぴつ)などを贈ることを考え、校内や地域で提供(ていきょう)を呼び掛(か)けたそうだよ。集まった文房具に寄(よ)せ書きメッセージなどを添(そ)え、2月にJICA(ジャイカ)北陸を通じて現地に届けてもらったんだ。

 この日は、文房具を贈ったエコアジョン小学校から届いたメッセージビデオや写真を見たよ。子どもたちが文房具を受け取ったり、学びやを紹介(しょうかい)したりする様子が映(うつ)し出されると「私が贈ったノートだ」「校舎(しゃ)の雰囲気(ふんいき)が日本とは違(ちが)う」と話し合っていたよ。

 奥野彩華(おくのあやか)さんは「文房具を手にした子どもたちがうれしそうでよかった」と笑顔を見せていたぞ。

北日本新聞社

最終更新:3/30(土) 14:10
北日本新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ