ここから本文です

Sandy Bridgeおじさん必見! 最新プラットフォームの自作PCは性能がこんなに違う

3/14(木) 18:33配信

マイナビニュース

マザーの装備から比較する - USB 3.1 Gen2が一般的に

旧世代マザーと最新マザーは搭載インタフェースも大きく変わっている。電源コネクタそのものはATX準拠なのは変わらないが、より消費電力の大きなCPUをオーバークロックで安定運用させるために、補助電源コネクタを少し強化している製品が増えてきた(定格や軽いOC程度なら基本の8ピン1系統で十分足りるが)。

変化が著しいのがマザーのバックパネルやフロントパネルに配置されるUSBだ。第2世代Core時代は基本USB 2.0、オンボードのコントローラでUSB 3.0対応が一般的だったが、現行チップセットではUSB 3.0(USB 3.1 Gen1と呼ぶメーカーもある)がチップセットに統合されたためUSB 2.0の出る幕は基板上のヘッダピン程度に縮小されている。

それどころか10GbpsのUSB 3.1 Gen2を備えたマザーもミドルレンジ以上を中心に一般化している。USB Type-Cコネクタを装備しているマザーも多いが、内部的にUSB 3.0仕様のものとUSB 3.1 Gen2仕様のものが混在しているので注意したいところだ。


USB Type-Cコネクタを実装するかしないかは、マザーのランクに依存するが、どうせType-Cポートを持つマザーを選ぶなら、なるべく10GbpsのUSB 3.1 Gen2に対応したものを選びたい。

まだUSB Type-C対応機器は少ないが、USB 3.1 Gen2対応のHDDケースにSATA SSDを詰めるだけで、超高速な外付けSSDの誕生となる。HDDはUSB 3.0で、SSDは3.1 Gen2で接続すれば無理に内蔵する必要もなくなってきたのだ。

その他の付加価値的装備として、イマドキのマザーに顕著なのが「高品質サウンド」と「RGB LED対応」だろう。オンボードサウンドはかつて“無いよりマシ”程度の装備と考えられてきたが、近年のオンボードサウンドは音質がかなり良い(マザーのグレードにもよるが)。本格的ヘッドフォンアンプを組み込んだ製品もあるので、音楽好きならサウンド周りの設計に注目するとよいだろう。

そしてRGB LEDはかつての“光り物パーツ”ブームのリバイバルだが、いまのブームは、高輝度かつフルカラーLEDでマシンの自己主張をする方向に進化している。

光ったからといって性能が上がるわけではないが、マザーのLEDとケースファンやメモリのLEDを同期させ始めると結構楽しい。食わず嫌いをせず楽しんでいただきたいところだ。

3/4ページ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事