ここから本文です

草なぎ剛と山崎光の親子姿写した「まく子」新場面写真が公開、しずる村上の姿も

3/14(木) 8:00配信

映画ナタリー

西加奈子の小説を映画化した「まく子」の新たな場面写真が公開された。

小さな温泉街を舞台とする本作では、小学5年生の主人公・慧(さとし)が不思議な魅力を持つ転入生・コズエとの出会いをきっかけに大人へと近付いていく様子が描かれる。「真夏の方程式」の山崎光が慧、「Blue Wind Blows」の新音がコズエを演じたほか、慧の父親・光一役で草なぎ剛、母親・明美役で須藤理彩が出演。「過ぐる日のやまねこ」「うつろいの標本箱」の鶴岡慧子が監督を務めた。

【動画】「まく子」予告編(メディアギャラリー他18件)

公開された写真には、明美に呼ばれた慧と光一が一緒に振り向く場面のほか、村上純(しずる)、内川蓮生、小倉久寛演じるキャラクターの姿が映し出されている。

「まく子」は、3月15日より東京・テアトル新宿ほか全国でロードショー。

※山崎光の崎は立つ崎(たつさき)が正式表記
※草なぎ剛のなぎは弓へんに前の旧字体、その下に刀が正式表記



(c)2019「まく子」製作委員会/西加奈子(福音館書店)

最終更新:3/14(木) 8:00
映画ナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事