ここから本文です

米国株式市場は上昇、ヘルスケア株に買い ボーイング堅調

3/14(木) 7:14配信

ロイター

[ニューヨーク 13日 ロイター] - 米国株式市場は上昇。ヘルスケア株などが買われた。トランプ米大統領がエチオピアで墜落事故を起こしたボーイング<BA.N>の737MAX8型機、および737MAX9型機の運航を一時停止するよう指示したものの、ボーイング株は値上がりして取引を終えた。

ボーイングは0.5%高の377.14ドルで引けた。米国の運航停止発表を受けて午後には3%超急落していたが、切り返した。ただ、同社株は8日の引け以降、約11%下落している。

インバーネス・カウンセルの首席投資ストラテジスト、ティム・グリスキー氏は、運航停止によりボーイングは問題解決の時間が得られるほか、さらなる事故発生の可能性を回避できると指摘。「ボーイングにとって最悪の局面は過ぎ去ったようだ。(株式)市場が安定化しつつあるように見えることは、市場がそれを認めていることを意味する」と語った。

ボーイングは、ダウ工業株30種構成銘柄の中で今年最も良好なパフォーマンスを見せていた。

ドラッグストア大手CVS<CVS.N>は3.5%高。バーンスタインが同社のカバーを「アウトパフォーム」の投資評価で開始した。S&P総合500種のヘルスケア指数<.SPXHC>は1.1%上昇。ユナイテッドヘルス・グループ<UNH.N>は2.6%高となった。

エネルギー株も買われ、S&Pのエネルギー指数<.SPNY>は1.09%高で引けた。

英下院が13日、合意なき欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)を完全に排除する提案を賛成多数で議決し、合意なき離脱への不支持を確認したことも、市場の地合いを押し上げた。[nL3N2104D5]

一方、トランプ米大統領が中国との通商合意を急いでいないと述べたことから、午後の取引では幾分ボラティリティーが高まった。

トランプ氏は13日、米政府は知的財産権の保護を含む構造的な改革が合意に含まれることを望んでいると述べた。[nL3N2103WM]

ニューヨーク証券取引所では値上がり銘柄数が値下がり銘柄数を2.43対1の比率で上回った。ナスダックでも1.62対1で値上がり銘柄数が多かった。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 25702.89 +148.23 +0.58 25637.23 25776.49 25571.31 <.DJI>

前営業日終値 25554.66

ナスダック総合 7643.41 +52.37 +0.69 7621.38 7677.07 7619.46 <.IXIC>

前営業日終値 7591.03

S&P総合500種 2810.92 +19.40 +0.69 2799.78 2821.24 2799.78 <.SPX>

前営業日終値 2791.52

ダウ輸送株20種 10367.12 +105.59 +1.03 <.DJT>

ダウ公共株15種 777.23 +0.88 +0.11 <.DJU>

フィラデルフィア半導体 1360.77 +5.65 +0.42 <.SOX>

VIX指数 13.41 -0.36 -2.61 <.VIX>

S&P一般消費財 871.21 +3.35 +0.39 <.SPLRCD>

S&P素材 349.42 +1.83 +0.53 <.SPLRCM>

S&P工業 628.04 +5.70 +0.92 <.SPLRCI>

S&P主要消費財 565.93 +3.94 +0.70 <.SPLRCS>

S&P金融 437.94 +3.17 +0.73 <.SPSY>

S&P不動産 220.88 +1.09 +0.50 <.SPLRCR>

S&Pエネルギー 484.96 +5.21 +1.09 <.SPNY>

S&Pヘルスケア 1062.93 +11.61 +1.10 <.SPXHC>

S&P通信サービス 159.17 +0.40 +0.25 <.SPLRCL>

S&P情報技術 1263.67 +8.60 +0.69 <.SPLRCT>

S&P公益事業 294.43 +0.43 +0.15 <.SPLRCU>

NYSE出来高 10.05億株 <.AD.N>

シカゴ日経先物6月限 ドル建て 21320 + 270 大阪比 <0#NK:>

シカゴ日経先物6月限 円建て 21285 + 235 大阪比 <0#NIY:>

最終更新:3/14(木) 7:14
ロイター

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事