ここから本文です

分離プランは楽天に“不利”――米国シンクタンクから見た日本の通信行政

3/14(木) 6:30配信

ITmedia Mobile

過剰規制:規制への対応がイノベーションを阻害

 総務省では、研究会や検討会を通してガイドラインや省令の改正を随時検討しているが、キャリアや代理店がその改定にリソースを割かれすぎているという指摘がある。

 マンデル氏はこの点にも言及。規制を「小石」、イノベーションを「川」に例えて、1つや2つの小石は川の流れを止めることはないが、たくさんの小石(規制)を投げ入れ続ければ、いつかは川をせき止めてしまうとして、細かいの規制を増やし続けることがイノベーションの阻害につながる可能性に懸念を示した。

 規制が増え続けると、キャリアや代理店はその対応に忙殺される。結果として技術革新や顧客対応がないがしろとなり、「お上」に何でもお伺いを立てる受け身の姿勢になってしまう――マンデル氏は警鐘を鳴らす。

ITmedia Mobile

3/3ページ

最終更新:3/14(木) 6:30
ITmedia Mobile

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事