ここから本文です

イチローがキャンプ最終日に即席サイン会異例の約15分、ファンからは黄色のバラ51本のプレゼントも

3/14(木) 10:09配信

スポーツ報知

 マリナーズとマイナー契約を結び、招待選手としてキャンプに参加しているイチロー外野手(45)がアリゾナ州ピオリアキャンプ最終日の13日(日本時間14日)、試合前練習終了後に異例の長さとなる約15分間、即席サイン会を行った。

【写真】菊池雄星、イチローから厳しい言葉「お前しばくぞ!」

 「7番・指名打者」で先発するオープン戦のジャイアンツ戦(ピオリア)を終えると、ファンからイチローコールが巻き起こり、1人1人のファンに丁寧にサインを行った。日頃も時間の許す限りファンのサインに応じてきたイチローだが、キャンプ最終日とあって、長い時間サインに応じたようだ。

 さらに、一部の有志のファンからは51本の黄色いバラも贈られた。予想外のプレゼントに、さすがのイチローも苦笑い。関係者がクラブハウスまで運んでいった。

 オープン戦はここまで11試合に出場して23打数2安打、打率8分7厘。16打席連続無安打と苦しんでいるが、サインを終えると日米のファンから「サンキュー、イチロー!」、「アリガトー」などといった大きな声が飛んでいた。

最終更新:3/14(木) 12:34
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事