ここから本文です

一体誰なんだ(棒) 中の人がプロ棋士のVTuber「ひふみちゃん」、叡王戦発表会でお披露目

3/14(木) 16:35配信

ねとらぼ

 3月14日、ドワンゴ主催の将棋タイトル戦「叡王戦」第4期七番勝負の発表会にて、中の人をプロ棋士が務めるバーチャルYouTuber「ひふみちゃん」が初披露されました。どの棋士が担当しているのかは諸事情により明かせないそうですが、一体どの神武以来の天才なんだ……。

【画像】モザイク加工された"中の人”

 「ひふみちゃん」は七番勝負の先手・後手を決める振り駒役として画面に登場。姿は銀髪のポニーテールに振り袖&はかまのチャーミングな女の子、声はどうも高齢の男性のようです。ちなみにキャラクターデザインは五月病マリオさん、ネクタイデザインはやしろあずきさんが手掛けました。

 ひふみちゃんは生中継で自己紹介、バーチャル界で将棋歴は67年、段位も九段、現実世界の棋士では加藤一二三九段(引退)を尊敬しているとしゃがれ声で明かしました。司会者に得意戦法を聞かれると、「棒銀です」と即答。好きな将棋飯は「バーチャルうな重と、バーチャルチョコレートです」。

 いざ振り駒の場面では、さすがにバーチャル上では難しいということで中の人が姿を隠したまま会場に現れ、代役を務めることに。ニコニコ動画の生中継では巧みなカメラワークにより顔が見事に隠されていましたが、不思議なことに視聴者からは「加藤先生にそっくり」「ちょっとだけ加藤九段に似ているな」「ひふみ尊師」といった棒読みコメントが大量に書き込まれていました。ドワンゴに果たして隠す気はあったのか。

 会場に登壇していた、対局者の高見泰地叡王と永瀬拓矢七段、日本将棋連盟会長の佐藤康光九段は、ひふみちゃんの感想を求められるたびに苦笑。高見叡王が「ひふみちゃん、いえ、ひふみ先生は……」と呼称を言い直す場面も見られました。

 振り駒の結果、七番勝負の第1局目は永瀬七段が先手、高見叡王が後手となることが決定。持ち時間5時間で、4月6日に台湾の圓山大飯店で対局します。気になるひふみちゃんですが、4月3日18時からニコニコ生放送で放送される叡王戦記念特番「ひふみちゃんはみている」で再登場予定です。すでに「神武以来の天才VTuber」といわれていますが、VTuber界の新星となるか……。

第4期叡王戦発表会&ひふみちゃんの様子

ねとらぼ

最終更新:3/14(木) 16:35
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事