ここから本文です

香取慎吾「個展をやるのが夢でした」…初個展開催 草なぎが見守る

3/14(木) 17:55配信

デイリースポーツ

 タレント・香取慎吾(42)が14日、東京・豊洲のIHIステージアラウンド東京で、国内初となる作品展「BOUM!BOUM!BOUM!香取慎吾NIPPON初個展」(15日~6月16日)の内覧会に登場した。

【写真】香取慎吾 20年前に香港でつけられたニックネームは…

 仏・ルーブル美術館で昨年開催した個展の凱旋展示を中心に、絵画やオブジェなど126点が陳列。子供の頃から創作活動に興味を持っていただけに、「いよいよこの時が来ました。個展をやるのが夢でした。一人の男の夢がかなう瞬間を見てもらいたいです…カッコイイ!」とビシッと決めた。

 新作のテーマは「体の中に入ってもらう」がテーマで、香取の心拍音が伝わる仕掛けもほどこされ、「しっかり僕を感じてほしい」と思いを込めた。草なぎ剛(44)も来場し、会見を客席の最後列で見守っており、香取は「あの人にプロデュースされてる気分」とおどけ節。

 大勢の協力を得て実現した個展に、香取が感慨をあふれさせたところ、草なぎは「お前が持ってる何かが、そうさせてるんじゃない!?」と激励してくれたという。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事