ここから本文です

ピエール瀧容疑者 湾岸署から送検 ぶ然とした表情、頭下げる仕草も

3/14(木) 10:19配信

スポニチアネックス

 コカインを摂取したとして麻薬及び向精神薬取締法違反(使用)容疑で逮捕された、ミュージシャンで俳優のピエール瀧こと瀧正則容疑者(51)が14日、東京湾岸署から東京地検に送検された。

【写真】送検の際、窓の外を確認するピエール瀧容疑者

 この日午前10時、大勢の報道陣が詰め掛けた中、黒いワンボックスカーの後部座席に乗せられて湾岸署を出た瀧容疑者。グレーのスエット姿で、口を真一文字に結び、ぶ然とした表情。車内から報道陣を確認し、頭を下げる仕草もあった。

 事件を巡っては、麻薬取締部が半年前から内偵捜査を進めていた。「違法薬物を使用している」との情報をもとに行動確認。使用の疑いが強まったため、12日午後6時ごろ、都内の自宅や車を家宅捜索。その後の尿検査でコカインの陽性反応が出たため緊急逮捕した。逮捕までの数日以内に摂取した可能性が高い。

 ◆ピエール瀧(ぴえーる・たき)本名瀧正則(たき・まさのり)1967年(昭42)4月8日生まれ、静岡県出身の51歳。89年に石野卓球らと「電気グルーヴ」を結成し、91年にメジャーデビュー。俳優としても活躍し、映画「そして父になる」(13年)などに出演。14年にブルーリボン賞助演男優賞を受賞。17年には映画「アウトレイジ 最終章」に出演。今年一年限定でグループでの活動名を結成当時の「ウルトラの瀧」に戻していた。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事