ここから本文です

自民、市長選に柳本氏擁立=大阪ダブル選の構図固まる

3/14(木) 21:27配信

時事通信

 4月7日投開票の大阪府知事・大阪市長のダブル選で、自民党が市長選への出馬を要請していた元大阪市議の柳本顕氏(45)が14日、同市内で記者団に対し、「市長選に出馬する覚悟を決めた」と表明した。

 
 市長選には松井一郎知事(地域政党「大阪維新の会」代表)が出馬する予定。知事選では、維新の吉村洋文大阪市長と自民推薦の小西禎一氏が対決する。これにより「大阪都構想」を争点とした維新と「反維新」の候補者による選挙戦の構図が事実上、固まった。

 柳本氏は前回2015年の市長選にも立候補し、吉村氏に敗れた。夏の参院選に大阪選挙区から自民公認で出る予定だったが、4月のダブル選という短期決戦を前に、政策通で市長選の経験がある柳本氏に自民府連が出馬を求めていた。 

最終更新:3/15(金) 3:43
時事通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事