ここから本文です

宮城の全海魚、出荷可能に 原発事故に伴う制限解除

3/14(木) 19:49配信

共同通信

 政府は14日、東京電力福島第1原発事故に伴い出荷を制限していた宮城県沖のクロダイについて、安全性が確認されたとして出荷を解禁した。これで県内全ての海魚が出荷できるようになった。

 県によると、国の基準値(1キログラム当たり放射性セシウム100ベクレル)を継続的に下回った。国は2012年にクロダイやスズキ、ヒラメなど宮城県沖で取れる5魚種の出荷を制限していた。

 村井嘉浩知事は「引き続きモニタリング調査し、安全、安心な水産物の提供に努める」とするコメントを出した。

 ヤマメやイワナなど淡水の4魚種は出荷制限が続いている。

最終更新:3/14(木) 19:49
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事